medi8インプレッション累計収益結果(2018/02/16)。

またまたいつの間にかアフィリエイトの累計広告表示回数が2000PVを超えていました。

期間 表示回数 eCPM
2017/11/12~2018/02/16 2115PV 1.89円

前回は11/12~01/16の期間で1000PVを超えましたが、
今回はほぼ1ヶ月の間に1000PV増えました。
本当にこのブログに来ていただいた方にはお礼申し上げます。
PV数増加は仮想通貨を始めたと書いたのでそれで引っかかった人が多いだけだと、
個人としては思っています。
こんな適当ブログを見てくださる方がそんなにいるわけがない。
少しはいるはずだとは思いたいです。
前回に比べるとeCPMは0.07円増えています。
なので少しですが収入が増えているということになります。
また次の3000PVの時に報告をしたいと思います。

イーサリアムもマイニングすることしました。

マイニングPCですが、
CPUではMonero
GPUではEthereum
にしていこうと思います。
理由はMoneroのネットワークハッシュが上がりすぎているからです。
CoingeckoのMiningCalculatorで調べると掘っても赤字になることが確定しました。
Vega56のハッシュが1800H/sあればよかったのですが、1200H/sが上限だとだめですね。
なのでGPUだけは、まだ黒字になるEthereumにしています。
Ethereumのプールはethermine、ソフトはethminerを使用しています。
ethermineは0.05ETHから払い出しがあるのが魅力です。
ethminerはオープンソースなのでいじれたらいいかなと思いましたが、
なぜかコンパイルでこける現象が発生したため調べていますが、
原因がわからずネットで調べてもまずそこでこけている人がいないみたいです。
最近こういうのばかりで気が滅入ります。
多分、というよりほぼ確実に赤字になることが確定しているマイニングですが、
べらぼうに赤字になることはないので、適当に遊んでいきます。
マイニングPC購入費用は、もう諦めています。

複数銘柄の売却と購入をしました。

数日分をまとめて書くので、今日の株価とは限らないです。
GMOインターネットシダックスガンホーは躊躇いなく手放しました。
特にガンホーは買った後にやっぱり無理かなとか思っていたので、
少しでもプラスで売却できたのはよかったです。
GMOインターネットはなんとなく買ったら上がったので手放しました。
そのあと下がったので運がよかったです。
シダックスはなぜか上がったので売却しました。
購入したものですが、どちらの銘柄も再度購入になります。
そして購入してから下がっています。いつも通りです。
現状駄目なことに保有株の大半(2銘柄以外)は含み損の状態で、
合計で-20万円という悲惨な状況になっています。
SBIFXαも含み損-2万5千円を超えています。
株を担保に入れているので、
株価が下がるとレバレッジが上がっていくという負の連鎖が起きています。
少額なので、どうにでもなるのですが調整は少しづつでもしていかないとだめですね。


購入

証券コード 銘柄 数量 買付単価
4188 三菱ケミカルHD 100 1067
6471 日本精工 100 1571

売却

証券コード 銘柄 数量 買付単価 売却価格 損益
3765 ガンホー 300 320 323 +900
4837 シダックス 200 493 512 +3800
9449 GMOインターネット 100 1631 1735 +10400

マイニングPCですが、妥協とちょっと壊しかけています。

他のOSを入れたりもしたのですが、
ドライバを入れたら起動しなくなるのでおとなしくWindowsにしようと思います。
マザーボード含めて環境が新しいのが原因なのかなとか思いたいですが、
発売から1年以上経っていますしどうなのかなと思います。
試したOSは

OS 結果
CentOS 7.4 OSインストール自体が出来なかった
Ubuntu 16.04LTS AMDGPUインストール,再起動後カーネルパニック
Ubutnu 17.10 AMDGPUインストール,再起動後カーネルパニック
LinuxMint 18.3 AMDGPUインストール,再起動後黒画面から動かず

一度成功したUbuntu17.10もOSインストールからやり直したらだめになってしまいました。
でとりあえず、Windows10で試しに動かしてみました。
block chain driverを入れてxmr-stak v2.20でメモリを933MhzにOCして
1100H/sでした。
ネットに記載されている1800H/sに比べるとかなり低いです。
なのでBIOSをVega64のにしたら性能上がるとのことで入れてみたら、
画面が表示されなくなりました(笑)
セカンダリBIOSで動かしていますが、これなかったらお釈迦になってましたね。
Moneroのネットワークハッシュが上がりすぎて、採算が取れなくなってきているので
踏んだり蹴ったりです。
少し話を戻しますがLinuxMintはOpenCLが使えるかどうかはわからないですが、
カーネルのバージョンを4.15に更新したら画面表示はしっかり動きました。
Ubuntuも18.04LTSからカーネルが4.15になるので、それになってからなら
AMDGPUもちゃんとインストールできるかもしれません。
ただ18.04LTSのリリースは2018/04/26を予定しているみたいなので、
まだ先です。
私にはなかなか難易度が高かったみたいです。

RadeonVega56が到着したので設定しましたが。

疲れました。
マイニングPC用に購入していましたが、納期未定で4月上旬納品になっていました。
ただそれが思ったより早く到着したのでわくわくしながら装着しましたが、
色々とトラブルに悩まされて時間を取られました。
Linux用のAMDGPUPROドライバを入れて再起動したら画面が黒のまま進まなくなり、
OSがだめだったかなと思ってUbuntuに入れ替えても駄目だったので、
ネットで調べてもう一度Ubuntuを入れてPROじゃないAMDGPUドライバを入れて、
なんやかんやでとりあえずxmr-stakを動かすことが出来ました。
しかしハッシュレートは1000H/sと他の方が書かれているハッシュレートより、
かなり低い状態です。
amd.txtのintensityも書かれているようにしてメモリもオーバークロックしたのに、
まだ何かが足りないようです。
で、まぁ今日のところはこのままで運用しようとしたら
モニタを消すと画面がロックされてマイニングがされなくなるという、
しょっぱいことになっています。
画面ロックオフにして自動でモニタを消すこともしないようにしているのに、
なぜかだめっぽいです。
ubuntu17.10が悪いのかRadeonVegaの省エネなのかもわからないので、
違うOSに入れかえてみてもう一度様子見をします。
Windowsってやっぱり便利なんだなと身をもって感じています。